☆★☆ OSUGA MACHINE NEWS 2010年 7月号 ☆★☆

皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。
*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。
なんの断りも無く、2ヶ月も休刊してしまい、大変失礼いたしました。心よりお詫び申し上げます。

ワールドカップ日本代表もなかなか熱くさせてくれましたが、気候も本当に暑くなりましたね。

皆様も、健康管理には充分気をつけてくださいネ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は
1.自動化してコストが高くなっては意味が無い!設備の自動化で陥り易い罠。
2.古いベンダーのリニューアルのご依頼がドンドン増えています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆
《PR》
中古ベンダーはありませんか?〜景気のせいもあり、中古機の需要がずいぶんたくさんあります。使わないものは引取りいたしますのでご一報を。オーバーホールも承ります。
☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.自動化してコストが高くなっては意味が無い! 設備の自動化で陥り易い罠。■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もはや世界中と価格競争をせねばならなくなった今日、製造コストを下げるべく、自動化を進めて省人化、無人化をしてコストを下げていくのですが、
ここでよく陥る罠があります。

ポカよけ、品質向上、社内規格、という名目で、ドンドン最新のセンサーとかを追加して、機械の構造も制御も複雑にして、結局コストの異常に高い設備を作ってしまう。ということです。

機械も制御も複雑になればなるほど、故障要因も増える為、どこが故障したかわかるようにまたセンサーと制御を追加していく。さらにそれが故障した場合を考えて...もうイタチごっこです。際限がありません。

我々機械屋にとって、売上額は上がるのではありますが、チョコ停要因と調整が増えてしまい、全く儲かりません(笑)

センサー屋さんが儲かるばかりです。(別にK社さんを責めているわけではありません。が、利益率凄く高いですよね!うらやましい!)

話が脱線しましたが、実際自動車メーカーさんの中堅クラスの部品メーカーさんなどにこの傾向は強くあります。(不良発生時の対応が厳しいせいだとは思うのですが)

確かに検査が完全に自動化できれば、それに裂いている人件費が節約できますし、弊社でも最近では画像センサーによる自動検査装置付という機械を多く販売もしています。

もちろんそのことには十分意味があると思いますが、
実際には過剰と思われる仕様や、《ポカよけ》と称して、センサーやICチップをたくさんつけるなんてことも多くあるのです。

こうなってしまうと本末転倒!
コストを下げる為の設備が、逆にコストを押し上げてしまうことになりまねません。

最近の、パイプ加工現場は、昔より加工技術が下がっているように感じるのは、筆者だけでしょうか?(そのおかげで、我々の仕事もあるので、あまり大きな声ではいえませんが...)

これが落ちているから、上のようなコストのかかる方向になってきているように思えてなりません。

偉そうなことを言うようですが、お金を出せば買える技術=機械でできることは、それを買えば、誰にでも出来ます。それを扱う人がやっぱり重要だと思います。機械も制御もシンプルなものほど、扱い易く、故障もしにくいものです。

オスガーマシンは、できるだけシンプルで使いやすい自動機を提案いたします。
*************************************************************

オスガーマシンの最新機種 の動画DVDを無料でプレゼント

http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォームまたは、
メール osuga@osuga-machine.comにその旨を記入してご応募ください。

※ DVDは、

《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
《スピンカッター編》
《スピニング加工機 集》
《銅管加工用 簡易タイプ加工機集》
他です。
御必要なものをご指定ください。

このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.古いベンダーのリニューアルのご依頼がドンドン増えています。■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近また特に古いベンダーのリニューアル&機能追加のご依頼が増えています。これまでにも何度もご案内いたしましたが、10年以上前の古いCNCパイプベンダーは、サーボモーターと制御基板が、故障しますと、メーカー(弊社では、安川電機さんと三菱電機さんのサーボモーターを使用しています)の方でも、既に生産中止になっており、最悪修理不能、ということになる場合がございます。

その対策と、機械のオーバーホールを兼ねて、制御系をすべて載せ換え、機械も完全にオーバーホールして、リニューアルするケースがますます増えてきています。

費用は、新品購入価格の半額程度です(機械の状態によって変わりますが)
やはり、景気は多少上向きとはいえ、まだまだ不安はありますよね。
機械も古く更新しなければならないが、出来るだけ出費を押さえたい。というお客様が多いようで、ここに来てまたご依頼が増えています。
古いベンダーをオーバーホール&制御載せ換えをして新品同様にし、さらに自動供給を取り付けて自動機化すると言う方法も、お勧めです。

▼お知らせ
古いベンダーをオーバーホール&制御載せ換えをして新品同様に!---をホームページに載せました。 こちらを今すぐご覧ください。
http://www.osuga-machine.com/overhaul_bender.htm

*************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*************************************************************

最後まで読んでいただき、本当に有難うございました。

*************************************************

☆OSUGA MACHINE NEWS 7月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL:0566-21-8911 FAX:0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com 
Eメール  osuga@osuga-machine.com 

*************************************************