☆★☆ OSUGA MACHINE NEWS 2009年3月号 ☆★☆

皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。

*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。
だいぶ日が長くなってきましたね。今年も暖冬の影響で今月の20日過ぎにはサクラが咲くそうです。杉花粉は今が全開モードで、飛びまくっているようです。花粉症の皆様にはお見舞い申し上げます。(筆者も涙と鼻水まみれの悲惨な日々を送っております。)

それにしても日本の政治はひどい!ですね。庶民や中小企業の悲惨な声は全く彼らに届かないようです。今に始まったことではないけれど、このところの醜聞は本当にひどい!
やはり自分たちで頑張るしかないようです。

*************************************************************
■お知らせ〜その1
生産が落ち込んでいるこの時期に、機械のオーバーホールや合理化を検討されてはいかがでしょうか?生産効率のアップは、必ず会社のプラスになります。来るべき次のチャンスに備えて、体力のあるうちに、これらをやっておけば、1〜2年後大きな差が出ますョ。

☆★☆オスガーマシンでは、皆様の日頃のご愛顧に感謝して、【無料点検キャンペーン】を行っています。この機会に是非お申し込み下さい。☆★☆
*************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページhttp://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は

1.試作、少量品対応に簡易タイプの機械はいかが?
2.連載!〜パイプ加工のABC〜 曲げ その1

☆☆最新!オールサーボ駆動端末加工機 いつでもご見学いただけます。☆☆
☆☆最新機種のDVD無料プレゼント付☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.試作対応に簡易タイプの機械はいかが?■

オスガーマシンは今でこそCNCベンダーや検査まで付いた全自動機を主に生産していますが、今を去ること28年前の創業時には、金型や手曲げベンダー、手動の切断機、端末加工機などの《小物》を主に手がけていました。

それからエアコン、自動車などのユーザーは大量生産でコストを下げるという時代に入り、誰がやっても品質が安定する機械が求められ、NC化の方向へどんどん進んできました。

ただ昨年後半から、時代は新しい時代に入ってきています。景気が悪いのは、アメリカのサブプライムローンが破綻したせいばかりではなく、大量生産の時代は(特に日本において)終わったのです。

試作や少量品にいかに素早く、コストを掛けないで対応するか?これが、これからの重要なポイントとなるのではないでしょうか。

そこで、最近新たに試作や少量品対応用の簡易な機械が見直されています。最初に述べたようにオスガーマシンでは、昔からやっている得意分野です。

少し例を挙げてみます。

パイプ切断−−簡易なメタルソー切断機
面取り−− ワイヤーブラシでバリ取り
端末加工−−エアータイプの小型機や、プレスなどを応用した方式
曲げ−− 手曲げや1曲げのみの簡易なベンダー、極小R曲げ用の1曲げベンダー(極小曲げも高価な某社のハイパーベンダーなどはなくても加工できます。)
バーリング加工−−ボール盤を応用した簡易な方式
など、です。
これらは、オスガーマシンでもこの20年ほどは主力機種ではなかった為に、カタログも整備されていませんが、ニーズと予算に合わせて、実は結構作っていたのです。こんな機械がこの位の予算で出来ないか?
というご要望にお答えするのが、オスガーマシン創業時からスタンスなのです。

また試作品などで、お困りのお客様には、オスガーマシンがその試作を請け負うことも対応しております。(すべてのものに対応できるわけではありませんが)お問い合わせ下さい。

*************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!

【近々今回ご紹介した、簡易タイプの機械特集のDVDを製作する予定です。】
*************************************************************

■2.連載!!■
☆☆☆パイプ加工の A to Z 第8回 パイプ曲げ〜その1 曲げ方式あれこれ☆☆☆

今回からパイプの曲げについてです。
読んで頂いている皆様は、既にご存知の方が多いと思いますが、最初はまず、曲げの方式のあれこれについて簡単にご説明します。

▽引っ張り曲げ(ドローベンド)による曲げ加工▽
パイプをクランプダイでつかみ、同時に曲げ型を回転させながら、引っ張り、曲げ型に沿わせていく曲げ方式。
パイプ径にあわせたクランプ型と曲げ型、プレッシャー(圧力)型で拘束しながら曲げ、マンドレル(芯金)も使用できるため、曲げ部の変形が少なく、曲げ角度も安定するため、最も多く使用されています。
一般的にパイプベンダーと呼ばれるものの多くが、この方式を取っており、CNCパイプベンダーは、各社すべてこの方式で曲げています。

▽コンプレッションによる曲げ加工▽
曲げ型、クランプ型、プレッシャー型と引っ張り曲げに似ていますが、引っ張り曲げとは異なり、クランプ部は動かず、プレッシャー型で曲げ型に押し当てていく方式です。パイプを引っ張ることが出来ない場合などに使用され、エアコン用Uベンド管のカットオフベンダー(リターンベンダー)などに使用されています。

▽プレス曲げ▽
プレスに曲げ型を取り付け、パイプをプレスで押すことにより、曲げ成形をします。加工速度が早く以前は多く使われていましたが、マンドレル(芯金)の使用が出来ない為、曲げ部の変形が引っ張り曲げより大きくなることから、最近は敬遠されがちです。ただうまく使えば、この方式に勝るスピードはありません。
パイプの真ん中を油圧シリンダーで、押して曲げる、現場工事などに使われる簡易なものもあります。

▽ロール曲げ▽
3本のロールの間にパイプを通していくことで、パイプを曲げる方法。パイプをコイル状に曲げたり、ロール間の距離を変えることで曲げRを変えられる、というメリットがあります。ただ配管部品に使用されるような小さい曲げRで曲げることは出来ません。

▽高周波曲げ▽
上記のすべてが、冷間での加工ですが、金属は熱間の方が加工しやすいのは、ご存知の通りです。高周波で曲げる部分を局部的に熱して、曲げ加工をすることで、冷間で加工できない曲げも可能になります。ただ設備コストが高く、加工速度の遅い為、量産品には向きません。

曲げ方式についてのお問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!

▼お知らせ〜その2
☆☆最新!オールサーボ駆動端末加工機 いつでもご見学いただけます。☆☆

オスガーマシンの最新機種 のDVD&説明資料を無料でプレゼント
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォームまたは、
メール osuga@osuga-machine.com にその旨を記入してご応募ください。
※DVDは、
《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
これにプラスして、
《2008年3月版の最新機種バージョン》
《スピンカッター編》
を追加しました。

【近々今回ご紹介した、簡易タイプの機械特集を製作する予定です。】

御必要なものをご指定ください。

このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!

*************************************************
☆OSUGA MACHINE NEWS 2009年3月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL:0566-21-8911 FAX:0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com/
Eメール  osuga@osuga-machine.com
*************************************************