☆★☆ OSUGA MACHINE NEWS 2009年 8月号 ☆★☆


皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。

*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

不景気も梅雨も長引いてほんとにイヤになってしまいますね。
暑くならない為、エアコンも売れていませんし、車はハイブリッド車が売れている反面、他の車種が売れていません。失業も増え続けているようですし、明日はわが身か?などと考えると本当に暗くなってしまいます。

やはり、輸出頼みで、日本は自力では立ち直れないのでしょうか?

政治家たちは人気取りのバラ撒きのマニフェストしか作れないようですし、当選してもそのマニフェストを実行してくれるか?は全くわかりませんし、結局、自分で頑張るしかないようですネエ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は

1.ホームページ追加更新しました--- 極小R曲げベンダー紹介します---

2.夏休み前に機械の点検を!〜故障防止、省エネにもつながりますヨ〜

☆☆PR:最新!オールサーボ駆動端末加工機 いつでもご見学いただけます。☆☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.ホームページに追加しました--- 極小R曲げベンダー紹介します---■

オスガーマシンのホームページの新製品のコーナーに極小R曲げベンダーを追加しました。

実は新製品ではなく、既に10年以上前から作っていたものです。

汎用の油圧ベンダーにパイプ押しのブースター装置を追加したものですが、ここ1〜2年でオプションを追加しています。

一つは、パイプ押しブースターのサーボ化です。従来の油圧シリンダーは圧力とスピードをバルブで調整するのですが、これが結構微妙な調整が必要で、なれないうちは苦労するのでした。これをサーボ化することによって、すべて数値で管理できるようにしました。

もう一つは、自動の手元芯金装置です。パイプの先端が短いパイプなどで、クランプ長が思うように取れなかったり、フランジなどの金具が付いている場合にその押さえとして有効です。

オスガーマシンのホームページに、ご紹介と簡単な仕様、加工サンプルなども載っていますので、是非一度ご覧ください。(今すぐ下記をクリックしてチェックしてみてください)
http://osuga-machine.com/index.htm

*********************************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*********************************************************************************
■2.夏休み前に機械の点検を!〜故障防止、省エネにもつながりますヨ〜■

早いところでは今週末から夏休みに入られると思います。休み前に工場の清掃などを行なう会社も多いと思いますが、機械も是非清掃、点検をしてください。

日本の夏は高温多湿ですので、機械にとってもつらい季節です。ずっと動いていれば、何とか動いていても、長期間の休み明けに、動かない!と言うケースが実際に多くあるのです。
きちんとメンテナンスしてやれば、故障は確実に減らせます。

また最近は仕事が減ってあまり使っていない、という機械もあるでしょう。

これも一度きちんと清掃をしてから、防錆をして保管してくださいね。いざ使おうとすると、動かなかったりします。また中古機として売る場合なんかでは、錆がでていたら、いくら新しい機械でも価値は半減します、のでご注意を!

酷いところでは、何もせず屋外に機械を置き、シートだけかぶせて保管しているなんてところもあります。いくらなんでもこれでは機械がかわいそうです。

================================

実際のメンテナンスのポイントを挙げてみます。

1.油圧ユニットの作動油は交換

作動油は劣化します。特に高温で動かし続けた場合は劣化は早く進みます。最低でも1年に1回は交換してください。継ぎ足しでは全く意味が有りませんので、必ず交換してください。

また3〜4年とか交換していない場合は、タンク内に劣化したカーボンなどが溜まっています。この場合は、交換だけではなく中を一度フラッシングしたほうが良いでしょう。

2.グリス給油

定期的にグリス給油をするのは当然ですが、古いグリスは一度拭き取ってから、新しいグリスを給油してください。古いグリスは劣化していますし、埃や金属の粉などを含んでいますので、そのままで継ぎ足しは効果が薄れてしまいます。

また加工油として揮発性の加工油を使われている場合は特に要注意です。揮発油はグリスや油分を洗い流してしまいますので、こまめに点検してください。

3.空圧機器、工場配管のメンテナンス

エアーフィルターの清掃、水抜き、またオイラー(ルブリケーター)の点検をしてください。無給油タイプで使用している場合は、オイルは必要有りませんが、これらも必ず、点検してください。また工場内のエアー配管には水が溜まり易く、ほおって置くと休み明けにシリンダーやバルブが動かない、と言うトラブルも良く有りまので、注意が必要です。

4.機械の清掃と防錆対策は?

休み中には、錆びが発生することもよく起ります。休み前には、機械全体をしっかり清掃し、防錆スプレーなどで防錆対策をしてください。

清掃をしっかりやろうとすると、結果的に機械を良く見ることにもつながりますので、切れかけた配線部分や油漏れ箇所なども発見できます。(もちろん発見したら、すぐに対策を!)

*********************************************************************************
■お知らせ〜その1
生産が落ち込んでいるこの時期に、機械のオーバーホールや合理化を検討されてはいかがでしょうか?生産効率のアップは、必ず会社のプラスになります。来るべき次のチャンスに備えて、体力のあるうちに、これらをやっておけば、1〜2年後大きな差が出ますョ。

☆★☆オスガーマシンでは、皆様の日頃のご愛顧に感謝して、【無料点検キャンペーン】を行っています。この機会に是非お申し込み下さい。☆★☆

*********************************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*********************************************************************************

▼お知らせ〜その2
☆☆最新!オールサーボ駆動端末加工機 いつでもご見学いただけます。☆☆

オスガーマシンの最新機種 のDVD&説明資料を無料でプレゼント
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォームまたは、
メール osuga@osuga-machine.com にその旨を記入してご応募ください。
※DVDは、
《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
《2008年3月版の最新機種バージョン》
《スピンカッター編》
《スピニング加工機 集》 −−新作!
《銅管加工用 簡易タイプ加工機集》 −−新作!

御必要なものをご指定ください。

このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/ のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!

*********************************************************************
☆OSUGA MACHINE NEWS 2009年8月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL:0566-21-8911 FAX:0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com/
Eメール  osuga@osuga-machine.com
*********************************************************************