☆★☆ OSUGA MACHINE NEWS 2008年 10月号 ☆★☆


皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。
*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。

皆様お変わりありませんか?
アメリカのサブプライムローンの問題を発端とした金融不安。政局は選挙をにらんで不安定なまま。その上、汚染米の問題、年金の問題、無差別殺人の横行、etc 一体何を信じたらよいのか?先行きに対する不安が広がっています。 すべて金儲け至上主義が生んだヒズミが出てきているように思えます。
ものつくりに携わるみなさん(我々も含めて)は、真面目に品質の向上や価格を抑える為の努力を死に物狂いでやってきたはずなのですが...何かくやしいですね!新興宗教でも起こした方が、儲かるような気にもなります(笑)が、めげずにこれからも真面目にやっていきましょうネ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は

1.コストダウンのヒント!オスガーマシンのカタログに載っていない機械を紹介します。その1

2.先週9月29日の日刊工業新聞にオスガーマシンの機械の記事が出ています。

※連載!〜パイプ加工のABC〜 端末加工 は、1項の内容が長いため、今回はお休みさせていただきます。(ゴメンナサイ!)

☆☆最新!オールサーボ駆動端末加工機 ご見学いただけます。☆☆
☆☆最新機種のDVD無料プレゼント付☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.コストダウンのヒント!オスガーマシンのカタログに載っていない機械を紹介します。その1■

ホームページやカタログで、オスガーマシンの機械は御紹介をしていますが、実は我々が製作している機械の半分にも満たないくらいしかご紹介できていません。今回と次回でコストダウンのヒントになる!カタログに載っていない機種を中心に改めてご紹介いたします。

今回は、パイプ端末加工機の特殊モデルを中心にご紹介します。

@3本ローラー転造式溝入れ加工機 OSW-F シリーズ

パイプの先端に、Оリング用の溝を加工したり、ホースニップルのような溝やいわゆるタケノコ形状を加工する機械です。従来、切削によるニップル部品をパイプに溶接して、使用していたものをパイプから一体化できるようにしました。

この方式による加工例(カーエアコン配管)が、ホームページに載っています。
http://www.osuga-machine.com/made3.htm をご覧下さい。この例はほんの一部です!

3本のローラーを回転させながら、徐々に締め込んでいって、溝形状を成形します。パイプは回転せず、ローラーの方を回転させますので、回転させることが出来ないパイプでも加工が可能です。

(パイプを回さない)ローラーによるパイプの加工は、実は非常に難しく、パイプ材質の違い、回転の速度と締め込む速度により、形状が変わってしまう為、その調整は非常にシビアなものになります。似た工法は以前からあるのですが、機械を扱う作業者は熟練を必要としたものです。

オスガーマシンでは、そのシビアな調整を可能にするように、回転モーターにはインバーターを使用。またローラーの前進量と速度の調整は、サーボモーターによるNC制御を採用し、数値設定できるようにしました。これなら誰でも管理できます。

これと、普通のプレス式の端末加工を組み合わせること(OMH-SW タイプ)で、ニップル形状を完全自動で加工することも可能です。

この他に、回転紐出し機 OSS シリーズが有り、これもパイプのスプール加工と溝入れ加工を同時に行なうことが出来ます。
この方式による加工例(エアバック部品)が、ホームページに載っています。この例はほんの一部です!
http://www.osuga-machine.com/made2.htm

*************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!
*************************************************************

Aサブクランプ付きパイプ端末加工機 OEF シリーズ

パイプ端末加工機のOEFシリーズは、カタログにも載っていますが、カタログでは銅パイプの分岐管成形用として紹介をしています。(http://www.osuga-machine.com/edge3.htm を参照下さい)

実はこのサブクランプ付きの端末加工機は、この他に様々な加工に応用することが出来、工程を減らすことが出来ます。(ここがミソ!)

サブクランプというのは、通常パイプをクランプするクランプとは別に上下に開く第二のクランプ装置のことです。
どのように使用するか?と言いますと、

a)パイプの先端を異形加工する・・・丸いパイプの先端を、半円型や扇型(三角や四角でも可能)に成形します。パンチをパイプの中に押し込んでおいて、外側からサブクランプで押し付けて形状を作ります。内側を外側の両方から、加工しますので、きれいな成形が一工程で可能です。これまでの機械ですと、端末加工機で拡管をしておいて、別のプレスで加工をしなおしていた異形加工を一工程で加工できるのがミソです。

この方式による自動車のエキゾーストマニホールドの加工例が、ホームページに載っています。
http://www.osuga-machine.com/made3.htm をご覧下さい。

b)一旦スウェージングしたパイプをまた拡げたり、スプール加工をする・・・一旦スウェージング加工をしたパイプの先端を、再度拡げたり、スプール加工をすることが出来ます。これもa)と同様に別降雨低で加工していた加工が一工程で加工できます。
http://www.osuga-machine.com/made1.htm

*************************************************************
お問い合わせは、このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!
*************************************************************

■2.先週9月27日付の《日刊工業新聞にオスガーマシンの機械の記事が出ています。■

先月号までにもご案内しました、自動車部品生産システム展に出品した、省エネ、対応の
『オールサーボ駆動のパイプ端末加工機』の紹介PR記事が、先週9月27日付の日刊工業新聞『注目のBest セレクション』と言うコーナーに掲載されています。
(先週の話で申し訳有りません。新聞を取ってある方は、捨てる前に是非見てください!)

『オールサーボ駆動のパイプ端末加工機』の詳細が記載されていますので、是非ご覧ください。

この機械を写真入でホームページにも載せて有ります。 以下をクリックして一度ご覧下さい。
http://www.osuga-machine.com/new_products5.htm

またこの実機をオスガーマシン 本社工場でいつでもご見学いただけます。
ご見学ご要望の方は下記までご一報ください。

*************************************************************
このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!
*************************************************************

▼お知らせ
オスガーマシンの最新機種 のDVD&説明資料を無料でプレゼント
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォームまたは、
メール osuga@osuga-machine.com にその旨を記入してご応募ください。
※DVDは、
《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
これにプラスして、
《2008年3月版の最新機種バージョン》
《スピンカッター編》
を追加しました。

の7種類に増えました!! 御必要なものをご指定ください。

このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!

*************************************************
☆OSUGA MACHINE NEWS 2008年10月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL:0566-21-8911 FAX:0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com/
Eメール  osuga@osuga-machine.com
*************************************************