☆★☆OSUGA MACHINE NEWS 2008年 6月号 ☆★☆
 

皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。
*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。

皆様お変わりありませんか?

先日東海地方でも梅雨入り宣言が有りました。ただでさえ憂鬱になる季節に、1日からはガソリンがまたまた値上げ!!1リッター170円という数年前の安いころ(当時の80円台の看板が懐かしい!)のナント2倍になってしまいました。これですべての物価が上がってしまうのでしょうね。
これに対して日本政府は全くの無策状態!サミットの準備も大変なんでしょうが、まずは国民の生活でしょう!怒りを通り越してしまいます。
ラジオで、ある経済アナリストが、燃料費、原材料費のアップは、きちんと値上げして健全なインフレ状態にすべきだ!と言っていましたが、簡単に値上げできれば、とっくにやってますよね。いつもワリを食うのは中小零細企業と相場は決まっているようで、納得できないのですが、負けないで頑張りましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は

1.お知らせ〜6月の2008自動車部品生産システム展にオスガーマシンが出展します。−詳細その2−
2.連載!〜パイプ加工のABC 第4回 パイプ切断後のバリ取り(面取り)〜

☆☆最新機種のDVD無料プレゼント付☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.2008自動車部品生産システム展に出展します−詳細その2−■

一部のお客様には、既に招待券をお送りしましたが、2008年6月18(水)〜21(土)まで、東京ビッグサイトで、日刊工業新聞社主催の『2008 自動車部品生産システム展』に出展することになりました。

招待券ご要望の方は、ご連絡ください。(メールでも何でもOKです)すぐに送らせて頂きます。

公式案内のホームページは下記からお入りください。(後ほど弊社のホームページにもリンクを貼っておきます。)
http://www.nikkan.jp/eve/08apps/

今回の出展機は2台あります。

1台目は先月号でもご連絡致しましたが、

≪オールサーボ駆動の端末加工機≫です。

オールサーボ端末のメリットは?

・油圧モーターを常時回していたことに比べ、大幅に省エネ対応できる。
・油漏れ、油の交換などのメンテナンスから開放される。
・これまで2〜3パンチで加工していた加工が1パンチで加工できる(形状による)
・加工パンチのストローク、速度を自在に変えられる。
・段取り換えで、正確に再現できる。

などなど、たくさんあります。
これまではなかった最新鋭の機械で、加工方法が大きく変わってくる可能性もある機械です。
是非この機械にご覧ください。

そして、今回はもう1台出品します。

これは、技術的には特別に新しいものではないのですが、CNCベンダーの最小モデルです。
今回は、短いパイプの曲げ専用と言うことで、パーツフィーダー(ボウルフィーダー)からパイプを自動供給して1〜2曲げを行ない自動排出する自動機です。
ベンダーはオスガーマシンの最小モデル CNC-J-Mini型で、オールエアー駆動で、非常にコンパクトな機械です。
1〜2回曲げと言うと、CNCベンダーを使用するのは、ちょっともったいないような気がしてしまいますが、自動供給排出をする場合は、実はチャックがついていて任意の位置へパイプを取に行くことができるので、専用機などを設計して作るより、よほどコストは安くできます。
CNCベンダーなら、仕事の内容が変わっても色々使い回しも利きますしね。

こちらも是非一度ご覧ください。

招待券御必要な方は下記までご一報ください。すぐに送らせて頂きます。

*************************************************************
このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com. から、お願いします!
*************************************************************

■2.連載!!■
☆☆☆パイプ加工の A to Z 第4回 パイプの面取り(バリ取り)☆☆☆

パイプを切断したあとは多くの場合、面取りまたはバリ取りが必要になります。ユーザーから来る製品図には『バリなきこと』と書かれているだけですが、特にメタルソーなどで切断した場合は、バリ取りまたは面取りは必ず必要になります。

これがまた仕事を出す方は、一言『バリなきこと』と書くだけで、ヒドイ場合では加工賃に含まれていない場合も有ったりして...。たまらないですよね。
だから、できるだけ費用は掛けたくない。けれども人手はかかる。非常に厄介な工程です。

基本的にバリ取りの方法とメリットデメリットは、

・ワイヤーブラシで端面を擦って取る。
比較的簡単な装置でも取ることが出来る。
自動機を作れば、連続して流すことが出来、処理量が多い。
細かい切粉が出る。

・面取りカッターなどで、カットする。
C面の指示通りに加工できる
1本ずつの加工で処理量はやや少ない。
刃物の管理が重要。

・バレル研磨機等で、磨きながらとる。
短尺のパイプであれば、一度に大量に加工できる
研磨剤の処理が問題

となります。
加工コストが掛けられないことから、中小の加工屋さんでは、いまだに結構人手で行なわれている例が多いようです。ただ、コストが掛けられない故に、逆に機械で自動化してしまわないと、いつまでたっても人件費を抑えることが出来ません。
この辺りを考えることで、まだコスト削減も出来る余地もあるかもしれませんね。

▼オスガーマシンの最新機種 のDVD&説明資料を無料でプレゼント
http://osuga-machine.com/のお問い合わせフォームまたは、
メール  osuga@osuga-machine.com にその旨を記入してご応募ください。
※DVDは、
《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
これにプラスして、
《2008年3月版の最新機種バージョン》
《スピンカッター編》
を追加しました。

の7種類に増えました!! 御必要なものをご指定ください。

ちょっと今月はネタ不足でした。ゴメンナサイ。
来月は頑張ってもっと内容を充実させますので、お楽しみに!

*************************************************
☆OSUGA MACHINE NEWS 2008年6月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL:0566-21-8911 FAX:0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com/
Eメール   osuga@osuga-machine.com
*************************************************