☆★☆OSUGA MACHINE NEWS 2008年 8月号 ☆★☆


皆様にパイプ加工に関するの最新ニュースをお届けするOSUGA MACHINE NEWSです。
*このメールは過去にお取引き又はお問い合わせ等を頂いた皆様にお届けしております。ご不要の際にはこのままメールをご返信ください。

皆様お変わりありませんか?

いやもう本当に暑い!!ですね。体調管理には気をつけてください。
8月に入って、ガソリンがまた値上がりです。我々の使用する鉄材料、部品類も軒並み値上げ!
それらの影響で、自動車各社も軒並み生産ダウン...と、いい話が有りません。内閣改造なんでどうでもいいから、一刻も早く経済対策を打ち出して欲しいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 今月の内容は

1.夏休み前に是非機械の点検を!〜故障防止、省エネにもつながりますヨ〜

この内容が少々長いので、連載!〜パイプ加工のABC〜 はお休みいたします。

☆☆最新!オールサーボ駆動端末加工機 ご見学いただけます。☆☆
☆☆最新機種のDVD無料プレゼント付☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■夏休み前に機械の点検を!〜故障防止、省エネにもつながりますヨ〜■

早いところでは今週末から夏休みに入られると思います。休み前に工場の清掃などを行なう会社も多いと思いますが、機械も是非清掃、点検をしてください。

最近は部品も良くなってきて、メンテナンスフリーの部分も増えたのですが、やっぱりメンテナンスは必要不可欠です。判っていても日ごろ忙しいので、なかなか出来ないものでが、夏休み前というのが良い機会でもありますので、是非清掃点検をすることをお勧めします。

日本の夏は高温多湿ですので、機械にとってもつらい季節です。ずっと動いていれば、何とか動いていても、長期間の休み明けに、突然動かなくなる!と言うケースが毎年実際に多く有ります。

きちんとメンテナンスしてやれば、故障は確実に減らせますし、省エネにもつながります。

そこでいくつかのポイントを挙げてみます。

1.油圧ユニットの作動油は交換していますか?

理屈はわかっていても、悲しいかな、これを実行されているユーザーは実際に少ないのが、現状です。作動油は劣化します。特に高温で動かし続けた場合は劣化は早く進みます。最低でも1年に1回は交換してください。継ぎ足しでは全く意味が有りませんので、必ず交換してください。

また3〜4年とか交換していない場合は、タンク内に劣化したカーボンなどが溜まっています。この場合は、交換だけではなく中を一度フラッシングしたほうが良いでしょう。

劣化した作動油は、当然効率も悪いので、常に良い状態を保てれば、省エネにもつながりますヨ。

2.グリス給油は?

グリス給油の必要な箇所に、定期的にグリス給油をするのは当然ですが、古いグリスは一度拭き取ってから、新しいグリスを給油してください。古いグリスは劣化していますし、埃や金属の粉などを含んでいますので、そのままで継ぎ足しは効果が薄れてしまいます。

また加工油として揮発性の加工油を使われている場合は特に要注意です。揮発油はグリスや油分を洗い流してしまいますので、こまめに点検してください。

3.空圧機器のメンテナンスは?

機械には、たいていの場合エアーの3点セットがついています。フィルターの清掃、水抜き、またオイラー(ルブリケーター)にはちゃんと油が入っていますか?無給油タイプで使用している場合は、オイルは必要有りませんが、これらも必ず、点検してください。エアー配管中には水が溜まり易く、ほおって置くと休み明けにシリンダーやバルブが動かない、と言うトラブルも良く有りまので、注意が必要です。

4.機械の清掃と防錆対策は?

休み中には、錆びが発生することもよく起ります。休み前には、機械全体をしっかり清掃し、防錆スプレーなどで防錆対策をしてください。

清掃をしっかりやろうとすると、結果的に機械を良く見ることにもつながりますので、切れかけた配線部分や油漏れ箇所なども発見できます。(もちろん発見したら、すぐに対策を!)

5.機械に愛情を持って接して!!

上記のようなことは、皆さんもちろん機械を使ってものづくりをするプロでいらっしゃるわけですから、判っておられると思います。でも昔の人は、もっと機械や道具をもっと大事に使っていたはず...と感じるのは、筆者だけではないと思います。

『大事な商売道具』でも有りますし、生き物ではないのですが、『大切な相棒』でもあります。

大切に使ってやれば、きちんとそれに答えてくれますし、その逆であれば、必ず寿命は短くなります。
是非大事にしてやってください。これはオスガーマシンから皆様へのお願いです。

▼お知らせ@

先月号までにもご案内しました、自動車部品生産システム展に出品した、省エネ、対応の
『オールサーボ駆動のパイプ端末加工機』
の実機をオスガーマシン 本社工場でいつでもご見学いただけます。
ご見学ご要望の方は下記までご一報ください。

*************************************************************
このメールに返信をいただくか、オスガーマシンのホームページ 
http://osuga-machine.comのお問い合わせフォーム
または、メール osuga@osuga-machine.com から、お願いします!
*************************************************************

▼お知らせA
オスガーマシンの最新機種 のDVD&説明資料を無料でプレゼント
http://osuga-machine.comのお問い合わせフォームまたは、
メール osuga@osuga-machine.com にその旨を記入してご応募ください。
※DVDは、
《最新!自動車部品用パイプ加工編》
《最新!エアコン等銅管加工編》
《最新!鉄パイプ&ワイヤー加工編》
《銅、アルミパイプ加工編》
《銅パイプ加工 基礎編》
《両端末加工機 自動機集》〜【自動外径検査付】の機械が多く含まれています!
これにプラスして、
《2008年3月版の最新機種バージョン》
《スピンカッター編》
を追加しました。

の7種類に増えました!! 御必要なものをご指定ください。

来月も、お楽しみに!

*************************************************
☆OSUGA MACHINE NEWS 2008年8月号☆
発行 株式会社 オスガーマシン 発行責任者 菊田勇司
〒448-0044 愛知県刈谷市池田町4−501
TEL: 0566-21-8911 FAX: 0566-21-8913
ホームページ http://osuga-machine.com
Eメール  osuga@osuga-machine.com
*************************************************