バーリング加工機

潟Iスガーマシンでは、2種類のバーリングマシンを製作しております。 それぞれに特徴がありますので、用途に応じてお選びいただけます。

パンチ加工式
特殊マンドレルを使用し、パイプ内面からパンチを上昇させることで穴あけとバーリング 加工を同時に行ないます。 加工時には、クランプ装置を使用し、きれいな立上げ形状が得られます。 加工速度が速く、洗浄等の必要がないのが特徴です。

《特徴》
・ パンチで穴を抜く為、切粉の発生はありません。
・ パンチの上昇加工の動作のみで1箇所の加工ができる為、加工速度が速い。加工速度 1穴あたり約3〜5秒
・ NC送り装置をつければ、多数の穴の連続加工可能。 (加工速度が速い為、連続加工に適しています。)
・ 治具を交換すれば、フランジ無しの穴あけのみの加工も可能です。
・ 最小φ15.88〜加工可能。(それ以下のパイプは加工できません。)
  (また加工時には、マンドレルを使用するため直管状態での加工となります。)

 


OBM−20型(2軸NC位置決め装置付)


OBM−40型(2軸NC位置決め装置+自動供給装置付
   


加工例


加工例
   
 
仕 様
 
 
 
※ 本機のバーリング加工部分をプレス式、またはドリル式に変更した穴明け専用機も製作しております。詳しくはお問合せ下さい。
 




 Osuga Machine (Thailand) Co.,Ltd.
 116/2 Moo 2 , Phahonyothin Road KM.56
 Lamsai, Wangnoi, Ayutthaya 13170 THAILAND
 PHONE: +66-3-574-0804   FAX: +66-3-574-0803
 Email: umi@osuga.co.th

 
 

Osuga Machine Inc. Japan Copyright © All Rights Reserved 2004 -
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.